フィットコラム

ホンダフィットはファミリーカーとしても高い実力がある!

更新日:

高い実用性とコンパクトカーとは思えない広い車内が魅力のフィット。フィットの乗車定員は5名で、スライドドアは採用されていません。

しかし、フィットの広い車内と高い実用性はファミリーカーとしても十分活用できるはず。今回はフィットをファミリーカーとして活用したい人のために、フィットの魅力を徹底調査してみました。

フィットのファミリカーとしての実力はどの程度なんでしょうか。

フィットの特徴のひとつ、センタータンクレイアウト

引用元:フィット公式ページ

フィットはホンダ独自の技術であるセンタータンクレイアウトを採用しています。通常、車の燃料タンクは後席下部もしくはラゲッジルーム下部、つまりボディの後ろ側に配置されています。

燃料タンクをボディの後ろ側に配置することは決して間違った判断ではありませんが、その都合上、後席のシートアレンジが制限されたり、ラゲッジルームの空間が狭くなったりするなどのデメリットがあるのです。

ボディが大きな車であれば、燃料タンクを後ろ側に配置しても問題はありません。ボディが大柄なので余裕があり、これらのデメリットは特にありませんでした。しかし、それがコンパクトカーとなると話は変わってきます。

ボディサイズが制限されているコンパクトカーは、小さなボディにいかに大きなスペースを生み出すかが課題となります。そこでホンダが生み出したのがセンタータンクレイアウトなのです。

今まではボディの後ろ側に配置されていた燃料タンクをボディ中央に配置。そのおかげで、ボディの後ろ側に余裕ができ、多彩なシートアレンジや広大なラゲッジスペースの実現に至りました。

これを採用し、高い評価を得ているのがフィットです。センタータンクレイアウトのおかげで、ほかのコンパクトカーよりも広いラゲッジルーム、広い後席を実現。また、低床かつ低重心化にも貢献しています。

ファミリーカーとしても評価できるフィットの魅力

センタータンクレイアウトに限って言えば、フィットはファミリーカーとしての素質が十分にあることがわかりました。それでは、次にファミリーカーとして評価したフィットの魅力を5つ紹介したいと思います。

コンパクトカーらしからぬ広い車内

引用元:フィット公式ページ

フィットはコンパクトカーの中でも、特に広い車内空間を実現しています。これは上記でもお伝えしたセンタータンクレイアウトによる恩恵も受けています。

フィットの室内長は1,935mm、室内高が1,280mmです。これだけの広さがあれば、大人でも後部座席にゆっくり座ることができます。小学生以下のお子さんであれば、車内で靴を履き替えたり着替えを行ったりすることもできそうです。

ちなみに、フィットの室内長の数値はトヨタのアクアに劣っています。しかし、数値では劣っていても、実際に後部座席に座ってみると明らかにフィットの方が、足元や膝周りの空間に余裕があり広く感じるでしょう。

フィットをファミリーカーとして活用するのであれば、大人数での乗車がメインになると思います。コンパクトカーは最大5名の乗車が可能ですが、5人全員が快適になる事は考慮されていません。

あくまで快適なのは4名までの乗車で、5名となると明らかに後部座席が窮屈です。しかし、フィットは1,450mmの室内幅を誇るので、後部座席に3名乗車してもゆっくりできるスペースが確保されています。

多彩なシートアレンジで大きな荷物の積載が楽ちん

引用元:フィット公式ページ

フィットはセンタータンクレイアウトを採用したおかげで、多彩なシートアレンジを実現しています。

後席をたたむことで、自転車や家具などの大きな荷物を載せることができるユーティリティ・モード、後席をたたんで助手席をリクライニングすることで、長尺物を載せることができるロング・モード、後席の座面をチップアップすることで、背の高い荷物を載せることができるトール・モード、前席と後席を連結させて、のびのびとしたスペースを実現したリフレッシュ・モード、計4つのシートアレンジを実現しています。

このシートアレンジを活用すれば、出先で大きな荷物を購入したときなんかも安心です。もっとも、これらのシートアレンジを活用する場合は後席に座ることができなくなるので、2名以下でショッピングなどに赴く必要があります。

豊富な収納スペースが車内を散らかさない

フィットには実用性をしっかりと考慮した収納スペースが確保されています。

  • アームレスト付きセンターコンソールボックス
  • センターコンソールポケット
  • フロントコンソールボックス
  • グローブボックス
  • 運転席ドリンクホルダー
  • 運転席/助手席ボトルホルダー&ドアポケット
  • 後席ボトルホルダー
  • 助手席シートバックポケット
  • 後席右側コートフック
  • ラゲッジルームアンダーポケット

これだけの収納スペースが設定されているので、たくさんの小物や荷物を収納することが可能です。頻繁に使うものはセンターコンソールボックスやフロントコンソールボックスに収納しておき、使用品度の低いものはラゲッジルームアンダーポケットなどに収納しておくと良いでしょう。

これだけの収納スペースがあれば、車内が散らかることもなく、気持ちの良い移動ができますね。

5人乗ってももたつかないパワフルなエンジン

引用元:フィット公式ページ

フィットには1.3L直列4気筒エンジンと1.5L直列4気筒エンジンの2つが設定されています。また、1.5L直列4気筒エンジンとi-DCDを組み合わせたハイブリットシステムの設定もあります。

1.3L直列4気筒エンジンでも他社のコンパクトカーと比べると十分にパワフルなのですが、1.5L直列4気筒エンジンと1.5L直列4気筒エンジン+i-DCDは非常にパワフルで、乗車定員の5人が乗っても、期待以上のエンジン性能を発揮してくれるでしょう。

コンパクトカーのエンジンは一般的に、小排気量で非力なものが多いです。フィットも小排気量であることに変わりはありませんが、最高出力が高いので乗車定員が多くても重みを感じず軽快な走りが期待できるでしょう。

さらに、フィットのエンジンは高出力ながら燃費性能も高いです。最も燃費性能がものでも19.2km/L、燃費性能が最も高いものは37.2km/Lも走行することができます。

ガソリン代の高い昨今、燃費性能が高いに越したことはありません。フィットの燃費性能はコンパクトカーに限らず、自動車の中でトップクラスの燃費性能を誇るので、お財布にめちゃくちゃ優しいです。

フィットより優れたファミリーコンパクトカーはあるの?

フィットのファミリーカーとしての高い潜在能力をお伝えしましたが、実際のところ、フィットよりもファミリーカーとして優れているコンパクトカーはあるのでしょうか?

それを今からチェックしてみましょう。

パワフルな走行性能を堪能したいなら

引用元:デミオ公式ページ

大人数で乗車することが多いので、もっと力強く走行できる車に乗りたいと感じる人も多いでしょう。特にミニバンなど、一般的にファミリーカーと呼ばれるジャンルの車は、大柄なボディの割に非力なエンジンを搭載していることが多いです。

非力なエンジンは言い換えれば、低燃費もしくは小排気量ということなので経済的にはアリですが、それで運転にストレスが感じるという人も少なくないと思います。

コンパクトカーの中で力強い走りを実現している車は、マツダのデミオディーゼルです。この車は1.5Lディーゼルターボエンジンを搭載しているので、急な上り坂や高速、バイパスの合流時もぐいぐいと加速してくれます。

デミオディーゼル以上に力強い走りを実現しているコンパクトカーは、国産車にはないと断言してもいいくらいです。しかし、デミオは車内が狭いと言うファミリーカーとしては致命的な欠点を抱えています。

デザイン性を優先しているので、収納スペースは少ないし、ラゲッジルームも広いとは言えません。この車をファミリーカーとして活用するのは、少し無理がありそうです。フィットはエンジン性能と走行性能でデミオディーゼルに劣るものの、それ以外は確実に勝っていると言えるでしょう。

広い車内で快適に過ごしたいなら

引用元:ソリオ公式ページ

5人乗りのコンパクトカーで広い車内を堪能したいのであれば、スズキのソリオやダイハツのトールがふさわしいと思います。これらは普通車ながら軽自動車のスーパーハイトワゴンのような設計で、広大な車内空間を実現し、両側スライドドアを採用しています。

スペーシアやタントの普通車モデルと考えるとわかりやすいでしょう。ソリオやトールは今人気上昇中のコンパクトカーです。ミニバンは必要ないけど広い車内の車は欲しい、と言う人に打ってつけかもしれません。

ただし、これらも従来のミニバンと同様に、大柄なボディに非力なエンジンを搭載しているので、パワー不足を間違いなく感じるでしょう。トールにはターボ車の設定があるので、これを買えばパワー不足は解消されますが、フィットのように安く購入することは難しいかもしれません。

また、ソリオやトールが全高が高く、カーブを曲がるときや高速道路の走行中は不安定さを感じることもあります。スライドドア採用している車が欲しいのであれば、フィットではなく、ソリオやトールでも問題はありません。

フィットはファミリーカーとしても高い実力がある

フィットはファミリーカーとしても、非常に高い実力を備えていることがわかりました。どの要素も全体的に高い水準で上手にまとめられているので、車としての完成度は本当に高いです。

上記でも何台か挙げましたが、パワフルな車に乗りたいとか、スライドドアの車が欲しいとか、明確な希望がなければ、間違いなくフィットを選んだ方が後悔せずに済むと思います。

この事実を知らないと、フィットへの買い替えであなたは損をします。

無料、かつ1分で終わるワンステップを実施するかしないかが、フィットを購入する際に、あなたが損をするのか、それとも損をせずに逆に得をするのか、の分かれ目になることを知っていましたか。

もし、あなたが既に熱心に車の買い替えで損をしない方法を調べ尽くしていたら、「それ、知ってるよ。」と思われるかもしれませんが、この冒頭文を読んでぴんと来なかった場合は絶対に最後まで読み進めてください。

ポイントは今の愛車をどう手放すかです。ディーラーに普通に下取りに持っていく方が大半ですが、これは損する典型的なパターンです。

ディーラーは商売として、車を売買しているので、可能な限り安くあなたの愛車を下取ろうとしてきます。

1)高めの金額を提示→2)「仕方ないです!ここまで下取り金額アップします!」

ディーラーに行くとこのやりとりが発生しますが、ディーラー側の頭の中は「1で下取りできたらラッキー。2が目標下取り金額。」です。

なので、実際はもっと高く下取りできるのに、何も準備しないでディーラーに行くと損をします。

ワンステップ踏んでからディーラーに行くと騙されないで済む。しかも、無料。

ディーラーに向かう前に「かんたん車査定ガイド」であなたの車を一括査定に出す。これだけで、騙されないで済みます。

「かんたん車査定ガイド」とは、最大10社の買取業者に一括であなたの愛車を査定してもらえるサービスです。時間は1分程度で、しかも、無料で使えます。

1分の入力後には、一括で査定依頼が完了するだけではなく、あなたの愛車の概算価格も表示されるので、すぐに自分の車の大体の価値がわかります。

・複数買取業者からの査定金額の中で一番高い査定金額
・入力後すぐに表示される概算価格

の2つを持って、ディーラーに向かい、「ここの買取業者はA万円でこの車を買い取ってくれるらしいです。」と伝えれば、ディーラーはA万円以上であなたの愛車を下取らないといけなくなります。

もし、それでも、下取り金額が上がらないようでしたら、買取業者に車を売ってしまえばよいと思います。

「かんたん車査定ガイド」で1分の手間をかけるかけないで、丸腰でディーラーに向かうと、10万円以上損してしまう可能性もあります。

逆に1分の手間をかけるだけで、それが防げるなら、最高ですよね。時給換算してみると、とんでもない金額です。

損をして後から後悔したくない方は、1分だけ時間を使って、あなたの車の情報を入力してみてください。

かんたん車査定ガイド(公式)

-フィットコラム

Copyright© ホンダのフィットの購入検討者用メディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.