フィットコラム

ホンダフィットのサイズを徹底解説【車幅・高さ・長さ】

更新日:

一口にコンパクトカーと言っても、車によってサイズは異なります。

コンパクトカーだから大丈夫なんて思っていると、自宅の車庫に収まりきらなかったり、狭い路地でボディをこすってしまう可能性も。

そこで、今回はフィットのボディサイズを徹底解説。

全長・全幅・全高の数値が近い車も紹介するので、フィットのサイズ感をイメージしてみてくださいね。

そもそもコンパクトカーの定義ってなに?


引用元:フィット公式ページ

フィットはコンパクトカーと呼ばれるジャンルに属する車です。コンパクトカーに対して、皆さんはどんなイメージを持っていますか?

軽自動車よりは大きいけれど、ミニバンやクロスオーバーSUVと比べると小さな車、という漠然としたイメージを持っているかと思います。それについては、概ね正解です。

実際に、コンパクトカーの明確な定義はありません。一般的には、1,000cc~1,500ccの小排気量エンジンを搭載した、5ナンバーサイズの車がコンパクトカーと言われています。

また、これは私の持論ですが、コンパクトカーはお買い物や通勤に適した、5ドアハッチバックであることが前提になっているという点。

もちろん例外はありますが、小さなスポーツカーやクロスオーバーSUVを見たからといって、コンパクトカーとは呼びませんよね。

その点を考慮すると、やはり実用的なボディ形状で利便性が高いこともコンパクトカーを定義する要因のひとつになるでしょう。

あとはメーカーの普通自動車の中で、最も車両価格が安価なこと。いわゆるエントリーモデルという車です。

フィットはどうなのかというと、5ナンバーサイズで排気量は1,300ccと1,500ccのどちらか。5ドアハッチバックで、ホンダのエントリーモデルです。完全に当てはまりますよね。

フィットのボディサイズを解説

それでは早速、フィットのボディサイズをチェックしてみましょう。

・全長(車の長さ)

まずは全長です。全長とは、車の先端から後端までの長さのこと。車を横から見て、フロントバンパーの先からリアバンパーの端までの長さを指します。4,700mmを超えてしまうと、3ナンバーとなります。

フィットの全長は3,990mmです。ホンダの安全技術であるホンダセンシングを搭載しているフィットは全長が4,045mmまで拡大されています。

小さく見えるフィットですが、実際は約4mもの大きさがあるということがわかりました。

そう考えると、ぶつけそうで心配という気持ちもわかりますが、普通車は4m以上のものが大半で、フィットはその中で最も小さい部類に入るので心配する必要はありません。

運転が苦手な人でも、できるだけ安全、快適に運転できるように設計されています。

・フィットと全長が同じ車

フィットはコンパクトカーの中では、全長が大きい部類です。

トヨタ・ヴィッツやスズキ・スイフトなどよりも大きいですが、だからと言って運転が難しくなるようなことはありませんよ。

ほんの数cmだけで、これは居住空間や荷室を少しでも広げるための工夫だと思います。

フィットと全長が同じ車は、外車になりますが、アウディ・S1スポーツバックやアルファロメオ・4Cなどが該当します。

S1スポーツバックはフィットと同じコンパクトカーに属しますが、4Cはアルファロメオの高級スポーツカーなので意外でした。

・全幅(車の横幅)

次はフィットの全幅について。全幅とは、車を正面から見たときの、左端から右端までの長さのこと。

フィットの全幅はホンダセンシング搭載車も変わらず、1,695mmとなっています。約1.7mなので、多くの女性が寝転んで比べても、フィットの横幅の方が大きいのは意外に思えますね。

1,695mmという数値は、実は5ナンバー枠いっぱいの大きさで、これを1mmでも超えてしまうと、3ナンバー枠となってしまいます。

それは他の車でも同様なので、5ナンバーミニバンであるセレナやステップワゴンも、フィットと同じ1,695mmなのです。これは意外ですよね。

フィットの全幅がなぜ5ナンバー枠いっぱいまで幅広いのかというと、フィットは居住性を重視して設計された車でもあるから。

定員まで乗車したときでも快適に乗れるように、全幅を5ナンバー枠いっぱいまで広げているのです。

・フィットと全幅が同じ車

先ほどもお伝えしましたが、フィットの全幅は5ナンバー枠いっぱいです。

5ナンバー枠に収めながらも居住性を重視した車は、コンパクトカーからミニバン、セダン、スポーツカーまで非常に多くの車種があります。

例を挙げるならば、トヨタ・ヴォクシーやマツダ・デミオなどです。

・全高(車の高さ)


引用元:フィット公式ページ

最後は全高です。車の全高はルーフのてっぺんから地面とタイヤが接しているところまでの大きさ。2,000mmを超えてしまうと3ナンバーとなります。

フィットの全高はFF(前輪駆動)が1,525mmで、4WD(4輪駆動)が1,550mmです。約1.5mで女性の平均身長より少し低いくらい。

軽自動車の中にはフィットより背が高い車がたくさんあるので、セダンやスポーツカーを除けば、フィットの全高は低い部類に入ると思います。

とはいっても、乗り降りが苦になるほど低いワケではありません。フィットはお年寄りや子供まで、楽に乗り降りすることができるように設計されています。

背の高い車と比べれば少し低いだけで、十分実用的な範囲です。

・フィットと全高が同じ車

フィットの1,525mmという全高は主にコンパクトカーに採用される全高となっています。トヨタ・パッソや日産・ノート、マツダ・デミオなどがフィットと全く同じ全高ですね。

高すぎず低すぎず、誰でも乗り降りが苦にならない絶妙なバランスなのでしょう。

立体駐車場などは入れる?

これでフィットのボディサイズについて、詳しく知ることができたのではないかと思います。これで、自宅の車庫や狭い駐車場などのサイズを確認し、大丈夫ならばフィットを購入しても問題ありませんね。

都市部に住んでいる人や、都市部に車でよく行く人は立体駐車場に入れるのか気になりますよね。

立体駐車場は狭い場所が多いので、心配になる人も少なくはありません。最近の車は大きいので、新しくできた立体駐車場でしたらフィットでも十分に駐車することができます。

しかし、昔の立体駐車場は全幅1,700mm以下、全高1,550mm以下でないと、駐車することができないところも。

フィットは全幅1,695mm、全高1525mmなので、ギリギリではありますが、なんとか駐車することができそうです。立体駐車場をよく利用する人で、運転が苦手な人はやめておいた方がいいかもしれません。

どんな人に向いているのか

フィットのボディサイズは運転が苦手な人でも、快適に運転ができるように設計されています。

全長と全幅はコンパクトで運転しやすく、全高は乗り降りのしやすさと運転中の見通しの良さを考えての高さです。

フィットは都会や住宅地に家があり、狭い道路を走ることが多い人に向いている車だと思います。

それでも、免許取り立ての初心者やペーパードライバーは、ぶつけてしまわないか心配かと思います。

そのような人のために、フィットはコーナーセンサーやコーナーポールを車両オプションに設定しています。

これらを利用すれば、ぶつける可能性がグーンと下がり、冷や冷やしながら運転することも減ると思うので、ぜひ一緒に購入することをおすすめします。

コンパクトカーの購入を検討している人にはフィットがおすすめ

フィットの全長・全幅・全高を詳しくお伝えしました。

フィットは誰が乗っても危険な目に遭うことなく、快適に運転できるよう、しっかりと考えられていることがわかりましたね。

コンパクトなサイズ感なのに居住空間やラゲッジが広く、燃費も良くて安全装備も充実しています。さらに車両価格も安価でコストパフォーマンスは抜群です。

主婦や会社員の足としても大活躍間違いなしなので、コンパクトカーの購入を検討している人には、フィットを全力でおすすめします。

この事実を知らないと、フィットへの買い替えであなたは損をします。

無料、かつ1分で終わるワンステップを実施するかしないかが、フィットを購入する際に、あなたが損をするのか、それとも損をせずに逆に得をするのか、の分かれ目になることを知っていましたか。

もし、あなたが既に熱心に車の買い替えで損をしない方法を調べ尽くしていたら、「それ、知ってるよ。」と思われるかもしれませんが、この冒頭文を読んでぴんと来なかった場合は絶対に最後まで読み進めてください。

ポイントは今の愛車をどう手放すかです。ディーラーに普通に下取りに持っていく方が大半ですが、これは損する典型的なパターンです。

ディーラーは商売として、車を売買しているので、可能な限り安くあなたの愛車を下取ろうとしてきます。

1)高めの金額を提示→2)「仕方ないです!ここまで下取り金額アップします!」

ディーラーに行くとこのやりとりが発生しますが、ディーラー側の頭の中は「1で下取りできたらラッキー。2が目標下取り金額。」です。

なので、実際はもっと高く下取りできるのに、何も準備しないでディーラーに行くと損をします。

ワンステップ踏んでからディーラーに行くと騙されないで済む。しかも、無料。

ディーラーに向かう前に「かんたん車査定ガイド」であなたの車を一括査定に出す。これだけで、騙されないで済みます。

「かんたん車査定ガイド」とは、最大10社の買取業者に一括であなたの愛車を査定してもらえるサービスです。時間は1分程度で、しかも、無料で使えます。

1分の入力後には、一括で査定依頼が完了するだけではなく、あなたの愛車の概算価格も表示されるので、すぐに自分の車の大体の価値がわかります。

・複数買取業者からの査定金額の中で一番高い査定金額
・入力後すぐに表示される概算価格

の2つを持って、ディーラーに向かい、「ここの買取業者はA万円でこの車を買い取ってくれるらしいです。」と伝えれば、ディーラーはA万円以上であなたの愛車を下取らないといけなくなります。

もし、それでも、下取り金額が上がらないようでしたら、買取業者に車を売ってしまえばよいと思います。

「かんたん車査定ガイド」で1分の手間をかけるかけないで、丸腰でディーラーに向かうと、10万円以上損してしまう可能性もあります。

逆に1分の手間をかけるだけで、それが防げるなら、最高ですよね。時給換算してみると、とんでもない金額です。

損をして後から後悔したくない方は、1分だけ時間を使って、あなたの車の情報を入力してみてください。

かんたん車査定ガイド(公式)

-フィットコラム

Copyright© ホンダのフィットの購入検討者用メディア , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.