フィットコラム

ホンダフィットの新車を購入する上での注意点を解説

更新日:

新車って高いですよね。フィットはコンパクトカーなので車両価格は安い方ですが、それでも大きな買い物なので勇気が必要です。特に新車を購入した経験がない人であれば、なおさら緊張すると思います。

そんな人に向けて、今回はフィットの新車を購入するうえでの注意点を紹介。しっかりと解説していくので、ぜひご覧ください。

新車のフィットを購入するうえでの注意点

フィットは軽自動車を除けば、ホンダ車トップクラスの販売実績を誇るコンパクトカーです。人気車なのでボディカラーやグレードが豊富。新車を購入した経験が少ない方は戸惑う人もいると思います。

今回は新車のフィットを購入するうえでの注意点を6つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。きっとあなたの役に立つはずです。

1.家族の人数や構成を考慮する

まずは自身の家族の人数を思い浮かべてください。少なくとも5人以上であれば、フィットの購入は避けた方が無難です。

ほかに家族の人数に対応した車を所有しているのであれば、話は別ですが、そうでなければフィットはやめた方がいいかもしれません。フィットは本当に良い車ですが、5人以上乗ることはできません。

例えば、家族の人数が5人だったとして、所有していた車を下取りに出し、フィットを購入したとします。たしかにフィットは乗車定員が5人となっています。

だからと言って、5人全員が快適に車移動できるワケではありません。少なくとも後部座席の3人は窮屈な思いをしてしまいます。これはフィットが狭いからではなく、コンパクトカーの宿命なのです。

家族の人数が4人以下の場合は、おそらくフィットを購入しても後悔はしないでしょう。フィットはボディサイズの割に十分過ぎる居住空間を確保しています。ホンダ独自の技術であるセンタータンクレイアウトにより、低床設計で、小さなお子さんやお年寄りの方でも乗り降りが楽ちんです。

上記では5人家族であれば、フィットは避けた方が無難だとお伝えしましたが、家族構成によってはフィットでも問題ない可能性はあります。例えば、大人2人と小学生以下のお子さんが3人の5人家族だった場合は、フィットでも問題ありません。

車を選ぶうえで、家族人数と家族構成は非常に大切です。後部座席の快適性を確かめるには、ディーラーへ足を運ぶのが最も手っ取り早い方法だと思います。

2.自分に適したグレードを選択する

フィットにはガソリンモデルとハイブリッドモデル、あわせて9種類ものグレードが設定されています。車は高い買い物で、魅力的なアイテム。

しかも、そうそう買い替えるモノではないので、より価格の高いグレードに魅力を感じてしまいます。ですが、そこはグッとこらえて、予算と用途に見合ったグレードを選択しましょう。

フィットは全9グレードもありますが、多くの人が選ぶ売れ筋のグレードは4つに絞られます。ガソリンモデルは”13G・F”と"13G・L ホンダセンシング"、ハイブリッドモデルは”ハイブリッド・F”と”ハイブリッド・L ホンダセンシング”の4つです。

これらのグレードは、車両価格が安くてコストパフォーマンスに優れています。それに加え、快適装備や安全装備がそれなりに充実しているから、人気を集めているのです。

フィットにはこれらのグレードよりも高価な上級グレードがあります。快適装備や安全装備はさらに豪華になり、エクステリアもスポーティーなデザインとなりますが、果たしてそれは必要なモノなのでしょうか。

車には魅力的な装備がたくさんありますが、「魅力を感じたから購入したけど、そんなに使うことはなかった」なんてことになりがち。個人的には必要最低限の装備でも十分です。その魅力的な装備が必要不可欠なモノであれば、とっくの昔に標準装備されています。そうでないと、車が売れませんからね。

もちろん、上級グレードを選ぶな、と言っているワケではありません。予算に余裕がある人や車好きでこだわりたい人は、後悔しないように上級グレードを選ぶべきです。

しかし、用途も予算も見合っていないのに、気持ちが先行して誤ったグレード選びをしてしまうと、高い確率で後悔すると思うので、気をつけてください。グレード選びは慎重に行いましょう。

3.できるだけ試乗をする

意外と怠る人が多いのが、車の試乗。車選びで後悔したくないのであれば、車の試乗は必ず行いましょう。お近くのディーラーに電話で問い合わせれば、試乗させてくれると思います。

フィットは人気車なので、ホンダディーラーであればどこでも試乗車があると思います。売れ筋なので、ディーラーとしてもガンガン試乗させたいはず。たしかに試乗は緊張しますが、購入する前に車のことを知ることができる大チャンスです。

パンフレットや公式サイトなんて、良いことしか書いていません。ですが、たった1回だけでも試乗をすれば、パンフレットや公式サイトでは知ることができなかった情報を入手することができます。車に詳しくない人ほど、試乗は行うべきなのです。

試乗をしたうえで、気になるところがあれば、もう1度検討してみるといいですし、気に入ればすぐに購入してもいいと思います。とにかく新車の購入で後悔したくないなら、試乗は必ず行うべきです。

4.ムダなオプションは省く

実はフィットには、100種類以上ものディーラーオプションがあります。これだけのオプションがあれば、最低でも1つや2つ、魅力を感じるオプションがあるはず。

しかし、待ってください。それって本当に必要でしょうか。上記でもお伝えしたように、車は用途と予算をしっかりと決めたうえで購入の検討を行った方が、後悔しなくて済みます。

私もどちらかと言うと、新車購入のときはオプションをモリモリつけてしまいがちなのですが、ほとんどのオプションはのちのち考えると、それほど必要なかったな、と感じるアイテムばかりです。

ムダなオプションを省くことで、車両価格の節約になります。車は必要最低限の装備だけで十分なのです。どうしても取り付けたいディーラーオプションがある場合は、予算と相談して、問題なければつけても良いと思いますが、予算オーバーは禁物ですよ。

5.大幅値引きに気をつける

新車は時期によっては、値引きがあります。フィットはディーラーとしても、たくさんの数を売りたいと思うので、それなりに値引きしてくれるでしょう。

ただし、あまりにも大幅な値引きには気をつけた方が良いです。このような場合だと、長期在庫車両やキャンセル車両の可能性が大いにあります。

これの何がダメなのかと言うと、簡単に言えば作り置きされた車両なので、ボディに錆があったり、バッテリーが弱っていたりする可能性があるのです。もちろん、それでも問題ないという人にとってはありがたいお話ですが、気になる人は避けた方が良いかもしれませんね。

6.人気のボディカラーをチョイスする


引用元:フィット公式ページ

最後に紹介する、フィットの新車を購入するうえでの注意点は、人気のボディカラーをチョイスすること。もちろん、自分自身のこだわりがあれば、そちらを選択しても構いません。ただ、特に何色でもいいと考えている人は、人気カラーを選択した方がのちのち嬉しい思いをすることになるでしょう。

新車の購入から数年後、多くの人は現在所有している車を下取りに出し、新たな車を購入すると思います。そんなときに人気のボディカラーを選択しておけば、査定価格が高くなりやすいのです。

フィットの人気ボディカラーは

  • プレミアムホワイト・パールII
  • クリスタルブラック。パール
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック

の3種類です。このほかにも、別途料金が発生する特別色は、高く下取りしてもらいやすいです。次の車に乗り換える際に、下取り金額を高くしたいのであれば、考えておいた方が良いかもしれません。

紹介した注意点を参考にしてみてください!

フィットの新車を購入するうえで、注意しておきたい6つのポイントを紹介しました。

これらの注意点はフィットに限らず、どの車種でも当てはまるので、新車を購入するときはぜひ参考にしてみてください。

この事実を知らないと、フィットへの買い替えであなたは損をします。

無料、かつ1分で終わるワンステップを実施するかしないかが、フィットを購入する際に、あなたが損をするのか、それとも損をせずに逆に得をするのか、の分かれ目になることを知っていましたか。

もし、あなたが既に熱心に車の買い替えで損をしない方法を調べ尽くしていたら、「それ、知ってるよ。」と思われるかもしれませんが、この冒頭文を読んでぴんと来なかった場合は絶対に最後まで読み進めてください。

ポイントは今の愛車をどう手放すかです。ディーラーに普通に下取りに持っていく方が大半ですが、これは損する典型的なパターンです。

ディーラーは商売として、車を売買しているので、可能な限り安くあなたの愛車を下取ろうとしてきます。

1)高めの金額を提示→2)「仕方ないです!ここまで下取り金額アップします!」

ディーラーに行くとこのやりとりが発生しますが、ディーラー側の頭の中は「1で下取りできたらラッキー。2が目標下取り金額。」です。

なので、実際はもっと高く下取りできるのに、何も準備しないでディーラーに行くと損をします。

ワンステップ踏んでからディーラーに行くと騙されないで済む。しかも、無料。

ディーラーに向かう前に「ナビクル」であなたの車を一括査定に出す。これだけで、騙されないで済みます。

「ナビクル」とは、最大10社の買取業者に一括であなたの愛車を査定してもらえるサービスです。時間は1分程度で、しかも、無料で使えます。

1分の入力後には、一括で査定依頼が完了するだけではなく、あなたの愛車の概算価格も表示されるので、すぐに自分の車の大体の価値がわかります。

・複数買取業者からの査定金額の中で一番高い査定金額
・入力後すぐに表示される概算価格

の2つを持って、ディーラーに向かい、「ここの買取業者はA万円でこの車を買い取ってくれるらしいです。」と伝えれば、ディーラーはA万円以上であなたの愛車を下取らないといけなくなります。

もし、それでも、下取り金額が上がらないようでしたら、買取業者に車を売ってしまえばよいと思います。

「ナビクル」で1分の手間をかけるかけないで、丸腰でディーラーに向かうと、10万円以上損してしまう可能性もあります。

逆に1分の手間をかけるだけで、それが防げるなら、最高ですよね。時給換算してみると、とんでもない金額です。

損をして後から後悔したくない方は、1分だけ時間を使って、あなたの車の情報を入力してみてください。

ナビクル(公式)

-フィットコラム

Copyright© ホンダのフィットの購入検討者用メディア , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.