ガソリンモデル ハイブリッドモデル

【ホンダフィット】ハイブリッドモデルとガソリンモデル。おすすめはどっち?

更新日:

フィットには大きく分けて、安価なガソリンモデルと燃費性能の高いハイブリッドモデルの2種類が存在します。

一般的に人気を集めているのはハイブリッドモデルですが、実はガソリンモデルもコストパフォーマンスに優れているので、フィットの購入を検討する際にどちらを選べばいいのか悩んでしまう人も多いです。

そのため、今回はフィットのガソリンモデルとハイブリッドモデルを徹底的に比較。

どちらのモデルがベストチョイスなのか、じっくり考えてみました。

車両価格はガソリンモデルがお手頃


引用元:フィット公式ページ

まずはガソリンモデルかハイブリッドモデルかを選ぶうえで、悩んでしまう原因のひとつ、車両価格の差について考えてみたいと思います。

フィットのガソリンモデルのベースグレードである”13G・F”は、約140万円から購入することができます。

標準装備は最低限ですが、それでもスマートキーやプッシュエンジンスターター、プラズマクラスター搭載フルオートエアコンなど、ベースグレードとは思えない十分すぎるほどの標準装備。

次にフィットのハイブリッドモデルのベースグレード、”ハイブリッド”を紹介します。

車両価格は約170万円からとなっており、”13G・F”との価格差は約30万円です。単純に考えれば、この30万円はハイブリッドシステムの価格という考え方もできるでしょう。

”ハイブリッド”はフィットのハイブリッドモデルの中で、もっとも標準装備が少ないグレードです。

それでもマルチインフォメーションディスプレイやエコアシスト機能、さらにはハイブリッドモデル専用のセレクトレバーや15インチホイールなどが装備されています。非常に魅力的な標準装備だと思うかもしれませんね。

しかしハイブリッドでは、”13G・F”に標準装備されている、プラズマクラスター搭載フルオートエアコンなどが装備されていません。

それを考慮すると、やはり車両価格の面ではガソリンモデルの方が良いと言わざるを得ないでしょう。

これはあくまで、それぞれのモデルのベースグレードの価格だけを比較した結果なので、ガソリンモデルに決めるという選択は、まだ早いかもしれません。

燃費性能で考えるなら断然ハイブリッドモデル


引用元:フィット公式ページ

次は皆さんが気になっている、フィットのガソリンモデルとハイブリッドモデルの燃費を比較したいと思います。

まずはフィットのガソリンモデルから。参考にするグレードは、ベースグレードの”13G・F”です。そもそもフィットには、FF(前輪駆動)と4WD(4輪駆動)のふたつの駆動方式があります。それぞれの利点については、今回は割愛させていただきますが、FFの方が価格が安く燃費性能が高いです。

さらに、ガソリンモデルのFFには、CVTと5MTというトランスミッションが採用されています。

単純に5MTよりもCVTの方が燃費性能が高いので、燃費性能が高い順に並べると、以下のようになります。

FF/CVT>FF/5MT>4WD/CVT ※全てガソリンモデル

FF/CVTの燃費は24.6km/L、FF/5MTの燃費は21.8km/L、4WD/CVTの燃費は20.2km/Lです。

この数値はあくまでもカタログ燃費で、ドライバーの運転の仕方や道路状況によって、大きく変動します。

ですが、ハイブリッドシステムを搭載していないにも関わらず、全ての駆動方式においてカタログ燃費が20km/Lを下回っていないのは、純粋に驚きですね。ハイブリッドモデルの燃費は、いったいどれだけの数値を叩き出すのか見物です。

次はフィットのハイブリッドモデルの燃費についてお伝えします。参考にするグレードは、ベースグレードの”ハイブリッド”です。

ハイブリッドモデルもガソリンモデルと同様、FFと4WDの駆動方式が設定されています。7速デュアルクラッチトランスミッション(以下、7速DCT)というトランスミッションを搭載していて、CVTや5MTの設定はありません。

燃費性能が高い順に並べると、以下のようになります。

FF/7速DCT>4WD/7速DCT ※全てハイブリッドモデル

FF/7速DCTの燃費は37.2km/L、4WD/7速DCTの燃費は29.4km/Lです。

FFと4WD共に、非常に優れた燃費性能を誇るハイブリッドモデルですが、ガソリンモデルよりも、ドライバーによって燃費変動の幅が激しいので、その点は注意してください。やはり燃費に関しては、圧倒的にハイブリッドモデルの方が良いですね。

ただ、決してガソリンモデルの燃費が悪いというワケではないので、悩めるポイントにもなりそうです。

エコカー減税が適応されるのはハイブリッドモデルだけ?


引用元:フィット公式ページ

価格に関しても燃費に関しても、一概にどちらが良いとはおすすめできていません。では、車両購入時に適用されるエコカー減税についてはどうでしょう。

エコカー減税とは、国土交通省が定めている制度のことで、簡単にいえば環境に良い車は購入時の税金が安くなるよ、というもの。

エコカー減税について名前は聞いたことあるけど、どのような制度なのか具体的には知らない、という人も多いようです。エコカー減税は、国土交通省が定めた排気ガスの排出量や燃費の基準をどれだけクリアしているかによって、免除される税金の金額が変わります。

エコカー減税が適用される税金は、自動車税と自動車取得税、自動車重量税の3つです。

自動車税は新車登録を行ってから翌年の自動車税を、軽減するというものなので、新車購入時はそれほど関係ありません。重要なのは、自動車取得税と自動車重量税のふたつです。

フィットのガソリンモデルは、自動車取得税が20%、自動車重量税が25%軽減されることになります。

単純に、エコカー減税の分だけ新車購入時の負担が減るワケですから、私たちにとっては非常にありがたいお話です。

ハイブリッドモデルについては、自動車取得税と自動車取得税、どちらも免税となります。つまり、自動車取得税と自動車重量税が一切発生しないということです。

本来ならば、200万円の車を購入すると、60,000円の自動車税を納めなければなりません。自動車取得税は車両+一部のオプションの合計金額に基づいて算出されるので、人によって異なるのです。

例えば、150万円の車なら45,000円、250万円の車なら75,000円の自動車取得税となります。

ハイブリッドモデルを購入すると、こんなに高い自動車取得税が免税となるのです。

次に、自動車重量税。

フィットのハイブリッドモデルは全てのグレードで、車両重量が1,000kgを超えているので、本来ならば36,900円の自動車重量税を納めなければなりません。

これがエコカー減税の適用により、免税となります。

つまり、フィットのハイブリッドモデルを購入することで、10万円前後の税金が免税となります。ガソリンモデルはせいぜい2万円ちょっとが軽減される程度なので、ハイブリッドモデルがいかにお得になるかは、伝わったと思います。

ガソリンモデルかハイブリッドモデルのどちらかを選択するうえで、エコカー減税の適用額は必ず考慮しなければいけません。

わかりやすく表にまとめると......

ガソリンモデル ハイブリッドモデル
車両価格 1,428,840円~2,050,920円 1,699,920円~2,367,360円
燃費性能 19.2km/L~24.6km/L 28.0km/L~37.2km/L
エコカー減税 最大25%軽減 免税

上記で比較したものを、表にしてまとめてみました。

車両価格に大きな差はありますが、その分燃費性能も飛躍的に向上します。さらに、ガソリンモデルはエコカー減税が最大25%適用されるのに対し、ハイブリッドモデルは免税。

これはハイブリッドモデルの大きな魅力ですね。

自分が感じる魅力からどちらのモデルを選ぶか決めよう

エコカー減税によるハイブリッドモデルの免税は非常にありがたいですが、それを加味したとしてもガソリンモデルの車両価格には届きません。

金額は少ないですが、ガソリンモデルにも一応エコカー減税は適用されますしね。エコカー減税がお得だからといって、ちょっと無理をしてハイブリッドモデルを購入していては、本末転倒です。

エコカー減税はあくまでおまけとして考えて、どのフィットを購入するのか考えた方が良さそうです。

というワケで、フィットのガソリンモデルとハイブリッドモデルは、それぞれに長所短所があることがわかりました。できるだけ安くフィットを購入したいのであれば、迷わずガソリンモデル

多少車両価格が高くなっても、燃費性能に魅力を感じるのであればハイブリッドモデルを選択しましょう。

用途で考えるならば、日々のお買い物など、ストップ&ゴーが多い街中を走行することがメインの主婦層には、ハイブリッドモデルがおすすめ。

主に通勤に使用し、高速道路やバイパスを利用して遠出することが多いのであれば、ガソリンモデルがおすすめです。

この事実を知らないと、フィットへの買い替えであなたは損をします。

無料、かつ1分で終わるワンステップを実施するかしないかが、フィットを購入する際に、あなたが損をするのか、それとも損をせずに逆に得をするのか、の分かれ目になることを知っていましたか。

もし、あなたが既に熱心に車の買い替えで損をしない方法を調べ尽くしていたら、「それ、知ってるよ。」と思われるかもしれませんが、この冒頭文を読んでぴんと来なかった場合は絶対に最後まで読み進めてください。

ポイントは今の愛車をどう手放すかです。ディーラーに普通に下取りに持っていく方が大半ですが、これは損する典型的なパターンです。

ディーラーは商売として、車を売買しているので、可能な限り安くあなたの愛車を下取ろうとしてきます。

1)高めの金額を提示→2)「仕方ないです!ここまで下取り金額アップします!」

ディーラーに行くとこのやりとりが発生しますが、ディーラー側の頭の中は「1で下取りできたらラッキー。2が目標下取り金額。」です。

なので、実際はもっと高く下取りできるのに、何も準備しないでディーラーに行くと損をします。

ワンステップ踏んでからディーラーに行くと騙されないで済む。しかも、無料。

ディーラーに向かう前に「ナビクル」であなたの車を一括査定に出す。これだけで、騙されないで済みます。

「ナビクル」とは、最大10社の買取業者に一括であなたの愛車を査定してもらえるサービスです。時間は1分程度で、しかも、無料で使えます。

1分の入力後には、一括で査定依頼が完了するだけではなく、あなたの愛車の概算価格も表示されるので、すぐに自分の車の大体の価値がわかります。

・複数買取業者からの査定金額の中で一番高い査定金額
・入力後すぐに表示される概算価格

の2つを持って、ディーラーに向かい、「ここの買取業者はA万円でこの車を買い取ってくれるらしいです。」と伝えれば、ディーラーはA万円以上であなたの愛車を下取らないといけなくなります。

もし、それでも、下取り金額が上がらないようでしたら、買取業者に車を売ってしまえばよいと思います。

「ナビクル」で1分の手間をかけるかけないで、丸腰でディーラーに向かうと、10万円以上損してしまう可能性もあります。

逆に1分の手間をかけるだけで、それが防げるなら、最高ですよね。時給換算してみると、とんでもない金額です。

損をして後から後悔したくない方は、1分だけ時間を使って、あなたの車の情報を入力してみてください。

ナビクル(公式)

-ガソリンモデル, ハイブリッドモデル

Copyright© ホンダのフィットの購入検討者用メディア , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.